スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

板垣退助と西郷隆盛肖像画

眠雷・西郷像

 西郷隆盛は生涯で一度も写真を撮らなかった。したがって、西郷がどんな顔の人物だったのか、本当のところはわからない。
 もっとも有名なキヨソネの肖像画も、実弟・西郷従道と従兄弟大山巖の顔の上下をくっつけてそれらしく描いたモンタージュにすぎない。あるとき西郷従道を訪ねた板垣は、壁に掛けられたキヨソネ作の肖像画を見て、「この画はまるで似ていないじゃないか、従道君」とまで酷評したという。

 板垣退助と西郷隆盛は、薩土武力討幕の密盟を結んだ慶応3年から征韓論にやぶれて下野する明治6年まで、極めて親しい仲だった。
 明治31年12月、東京・上野公園に西郷隆盛銅像が完成する。あまりの出来の悪さに憤慨した板垣は、その後、改鋳することを企てた。そんな板垣のもとを訪ねて、「西郷の真像を描きたい」と申し出たのが熊本出身の画家・松永眠雷だった。

 明治40年、板垣や西郷の未亡人イト、西郷従道未亡人、大山巖ら親戚故旧の人々の意見を聞き、修正に修正を重ねて眠雷の西郷肖像画は完成する。これを板垣は「すくなくとも出来の悪い写真位のものになった」と評し、自ら監修した『自由党史・上巻』巻頭に掲げた。板垣の自信ぶりがわかる。
 また、23歳の時から西郷に随従したという高島鞆之助までも、「新聞や雑誌などに出るのは、大抵似ても似つかん物が多いが、唯だ近頃光永と云ふ画家の描いたものだけは、生存して居る人々に見て貰っただけ、先づ間違の無い南洲翁と認めても好い、是れが一番能く肖(に)て居るんぢや」と評価していることは注目に値する。

 これまで顧みられることのなかっった光永眠雷の西郷隆盛肖像画はいかにして制作されたのか?新資料に基づいて書き上げ、「土佐史談」第259号に発表した論文「板垣退助と西郷隆盛肖像画」を公開します。
 以下をクリックしてお読み下さい。

PDFによる「板垣退助と西郷隆盛肖像画」はこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

鷄肋庵主人

Author:鷄肋庵主人
ただの鶏ガラだが、スープの出汁くらいにはなるので、捨てるのはどうかという程度の人間。

いらっしゃいませ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。